マーベロンは飲み方が簡単な低用量ピルです。マーベロン21と28、それぞれの服用方法や飲み忘れ時の注意点など解説します。

マーベロンの飲み方

マーベロン21と28の実物写真

マーベロンは正しく服用した場合、とても高い避妊効果を得られる低用量ピルです。

しかしマーベロンには「マーベロン21(21錠入り)」と「マーベロン28(28錠入り)」という2つのタイプがあります。

これらは効果は変わらないものの、それぞれ飲み方が少しだけ異なるんです。

なのでここではマーベロンを正しく服用できるよう、それぞれのタイプごとの飲み方についてまとめていきます!

マーベロン21の飲み方

マーベロン21は、1シートに21錠の錠剤が入っています。

初めて飲む場合は生理の1日目から服用をスタートして1日1錠、21日間の服用を続けます。

この時は飲み忘れを防ぐため、毎日決まった時間に飲むようにしましょう。

21日間の服用を終えたら、次の7日間にマーベロンを服用しない休薬期間を置きます。

また、通常は休薬期間の内に生理が起こります。

1~21日目 : 1日1錠、決まった時間に服用
22~28日目 : 休薬期間

以上の28日間を1周期として、休薬期間が過ぎたら再び次のシートの錠剤を同じように飲み始めます。

マーベロン28の飲み方

マーベロン28には白色の錠剤が21錠、緑色の錠剤が7錠入っています。

緑色の錠剤はプラセボ(偽薬)と呼ばれ、中には成分が含まれていません。

マーベロン28を初めて服用する場合は生理の1日目から飲み始め、白色の錠剤を1日1錠服用します。

毎日同じ時間に服用するようにすると、飲み忘れの防止になります。

白色の錠剤(21錠)を飲み終えたら次は緑色の錠剤、つまりプラセボを1日1錠服用します。

このプラセボを飲んでいる期間が、先程のマーベロン21でいうところの休薬期間に当たります。

1~21日目 : 白色錠を1日1錠、決まった時間に服用
22~28日目 : 緑色錠を1日1錠、決まった時間に服用(休薬期間)

このように28日間の服用が1周期となり、繰り返し服用していくことになります。

マーベロンの飲み方は簡単!

以上がマーベロンの飲み方となります。 タイプごとに飲み方が違うといっても、1日1錠を服用していくという点はどちらも同じなので服用は難しくありません!

ただし飲み忘れてしまったり、飲み方を間違えたりするとせっかくのマーベロンの効果も台無し。

避妊効果も期待できなくなるので気をつけましょう!

もしも飲み忘れた場合、24時間以内に気付いたのであればすぐに飲み忘れた分を服用します。

そしてその日の錠剤もいつもと同じ時間に服用しましょう。

ですが2日以上続けて飲み忘れてしまった場合は、避妊効果は期待できなくなります。

マーベロンの服用をストップし、次の生理を待ってからもう一度、新しいシートの1錠目から服用を開始しましょう。

▲PAGE TOP▲

▲PAGE TOP▲