マーベロンは飲み方が簡単な低用量ピルです。マーベロン21と28、それぞれの服用方法や飲み忘れ時の注意点など解説します。

マーベロンの飲み方

マーベロン21と28の実物写真

マーベロンは避妊の効果が高い、低用量ピルです。

しかし、飲み方を知らないと思わぬ妊娠に繋がることもあるので飲み方を知ることが大切。

マーベロンには、「マーベロン21(21錠入り)」と「マーベロン28(28錠入り)」という2種類あります。
効果に違いはありませんが、それぞれ飲み方が少しだけ異なるんです。

なのでここではマーベロンを正しく服用できるよう、それぞれのタイプごとの飲み方についてまとめていきます!


マーベロン21の飲み方

マーベロン21は、21錠の錠剤が入った1シートです。

服用をはじめる場合は生理の1日目から飲み始めます。そして1日1錠を毎日続け、21錠を飲み切ります。

毎日、同じタイミングで飲むことで忘れることなく飲むことができますよ。

21日間の服用を終えたら、次の7日間にマーベロンを服用しない休薬期間になります。

通常は休薬期間の内に生理がきます。

1~21日目 : 1日1錠。(お風呂前や夕飯後にすると忘れませんよ)
22~28日目 : 休薬期間

以上の28日間を、1周期として休薬期間が過ぎたらまた新しくシートを始めましょう。

注意!
生理がきたからといって、慌てて新しくシートを始めないようにしましょう。
7日間の休薬期間が過ぎたあとに、新しいシートを始めましょう。


マーベロン28の飲み方

マーベロン28には白色の錠剤が21錠、緑色の錠剤が7錠で1シートです。

緑色の錠剤はプラセボと呼ばれ、なにも成分が入っていない偽薬です。

マーベロン28を初めて服用する場合、生理1日目から飲み始め、白色の錠剤を1日1錠服用します。

毎回、同じタイミングで飲むことで、習慣ができ飲み忘れの防止ができます。

白色の錠剤(21錠)を飲み終えたら次は緑色の錠剤、つまりプラセボを1日1錠服用。

このプラセボの期間が、マーベロン21でいうところの休薬期間です。

生理は、だいたいプラセボを飲み始めた3日~4日の間にくると言われていますが、人それぞれ違ってきます。 生理がきたから次のシートを...と思う方も多いです。 28錠が終わった次の日から新しいシートスタートです。間違えないように気を付けましょう。
マーベロンを生理に合わせるのは最初だけで、生理がマーベロンに合ってきますよ!

1~21日目 : 白色錠を1日1錠
22~28日目 : 緑色錠を1日1錠(休薬期間)
どちらも決まった時間に服用

このように28日間の服用が1周期となり、繰り返し服用していきます。

                

飲み方は少し変わりますが、マーベロン21・マーベロン28も、どちらも同じ効果を感じられますね!
マーベロン21錠の場合は、休薬期間があるため、再び飲み始める際に忘れてしまう事もあります。忘れやすい人はプラセボのあるマーベロン28を飲むことがおすすめです。

マーベロンの購入方法はコチラ


マーベロンを飲み忘れたときは?

                 

もしもマーベロンを飲み忘れたとき、24時間以内に気付いた場合はすぐに飲み忘れた1錠を飲みます。
そしてその日の錠剤もいつもと同じ時間に服用しましょう。

ですが2日以上続けて飲まない場合は、避妊効果は期待できなくなります。
一度、マーベロンの服用を止め、次の生理を待ってからもう一度、新しいシートの1錠目から服用を開始しましょう。


                

マーベロンの休薬期間って?


低用量ピルには休薬する期間があります。マーベロン28のように偽薬が入っている場合も、休薬期間と同じと考えます。
低用量ピルは、この休薬期間に生理がきます。マーベロンを飲み始めたばかりの方は、乱れることも考えられるので焦らないようにしましょう。

不安が大きい場合は、医師に相談することをオススメします。


マーベロンの飲み方は簡単!

以上がマーベロンの飲み方となります。 タイプごとに飲み方が違うといっても、1日1錠を服用していくという点はどちらも同じなので服用は難しくありません!

ただし飲み忘れや、飲み方を間違えたりするとせっかくのマーベロンの効果も台無し。

避妊効果も期待できなくなるので気をつけましょう!

マーベロンを公式サイトで購入する

▲PAGE TOP▲

▲PAGE TOP▲