マーベロンなど低用量ピル以外の避妊方法を紹介!コンドームの他にも避妊方法がある!

マーベロン以外で避妊する方法

マーベロンの服用を始めてから1週間以内の頃や、また飲み忘れてしまった時には違う避妊方法が必要になりますよね。

ここではいくつかの避妊方法の特徴などをご紹介するので、よかったら参考にしてみてください!

コンドーム

コンドームは日本国内で一番身近な避妊方法ですね。

男性器にゴムをかぶせるという、アレです(笑)

コンドームはつけるタイミングによって避妊率が上下し、早すぎても遅すぎてもダメなんです!

コンドームは挿入する直前につけるようにしましょう!

またコンドームには以下のような特徴があります。

長所 おそらく知らない人はいないであろう避妊方法ですが、コンドームによる避妊率はとても高いんです!

2011年にアメリカでおこなわれた調査結果によるとコンドームを使うことでの避妊率は"一般的な使い方をした時"は82%、"理想的な使い方をした時"はなんと98%となります!!

またコンドームはもともと性病を予防するために作られた道具だからクラミジアや淋病、もっと怖い病気だと梅毒やエイズなんかの感染を防ぐことができるというのも大きな魅力ですね。
短所 コンドームは男性器に装着させる避妊具、つまり男性が主体となる避妊方法になる訳です。

なのでパートナーの男性が避妊に協力的じゃなかった場合はコンドームをつけてもらえずに避妊ができなかった、ということになる可能性もあります。

またコンドームをつけてくれたとしても、次のようなことが原因で避妊に失敗してしまうこともあります。
  1. 精液がついた手で装着
  2. ゴムが破れてしまっていた
  3. コンドームから精液がもれてしまった

など
コンドームは身近な避妊方法な上に性病を防ぐこともできる優れものですが決して万全ではないということを覚えておきましょう!

IUS(子宮内避妊システム)

IUSは子宮の中に黄体ホルモンを放出し続けて避妊効果を発揮する子宮内システムです。
といってもチンプンカンプンですが、この避妊方法は婦人科で医師に「IUS」という器具を膣に装着してもらいます。
するとマーベロンを飲んだ時と同じような変化が子宮に起こって、妊娠を防ぐことができるようになるという方法です。

長所 IUSはマーベロンと同じく女性が主体の避妊方法です。
パートナーに依存することなく避妊ができます。

さらに1度つけてしまえば効果は最長で5年ほど続くので、避妊のことを考える必要がなくなるというメリットもありますね。

避妊効果も高く、装着してから妊娠する確率は0.2%にまで下がるとされます。

また避妊効果に加えて、生理痛の和らげるという副効果も!
短所 IUSは医師に装着や除去をしてもらう必要があるので、簡単に試すことができる避妊方法ではありません。

また器具をつける時には痛みや出血が起こったり、出産の経験がない女性の場合にはそもそも器具が入りにくいなんてことも・・・。

その他、腹痛や生理周期の変化などの副作用が生じることにも注意が必要です。

銅付加IUD(子宮内避妊用具)

銅付加IUDも、IUSと同じく婦人科で医師に専用の避妊用具(IUD)を装着してもらう避妊方法です。

器具をつけると子宮内の環境に変化が起こり、「受精卵の着床を防ぐ」「精子の動きを鈍らせる」という2つの避妊効果が発揮されます。

長所 銅付加IUDにはマーベロンなどの低用量ピルに次ぐほどの避妊効果があり、避妊をしたい女性にとってはとても頼れる避妊方法です!

また女性の意思だけで選択できる避妊方法であり効果も2~5年間は有効だというのも大きな魅力ですよね。
短所 銅付加IUDは短所もIUSと同様で、医師による装着や除去が必要です。

妊娠経験がない女性の場合は装着が難しいという点も共通ですね。

また副作用として生理の量が増えたり、おりものや腹痛なんかの症状が現れることもあります。

避妊手術

避妊手術は、生殖機能をなくすための手術法です。

女性の場合は「卵管結紮(らんかんけっさつ)術」といって卵子の通り道である卵管を切断、あるいは塞ぐことで受精を防ぎます。

お腹を切る方法と膣側から施術をおこなう方法の2種類があります。

長所 避妊手術による避妊効果はとても高く一度手術をおこなうと、なんと一生効果が続きます!

避妊について考えることもなくなり、またパートナーとの性行為にも影響を及ぼしません。
短所 避妊手術の効果が一生続くということは、逆を言うと妊娠ができなくなるということです。

妊娠がしたくなった時には生殖機能を元に戻す手術法(卵管再建術)があるものの、100%成功するとは限りません。

またせっかく避妊手術を受けたとしても、ごくまれに子宮外妊娠を起こしてしまう可能性もあります。

一生に関わる問題なので、避妊手術を考えている方は慎重に決断しましょう。

リズム法

そもそも排卵が起こらなければ、妊娠をすることはありません。

リズム法とは生理周期や体温の変化などから排卵日を予測し、その間の性行為を避けるという避妊法です。

基礎体温法、頚管粘液法、カレンダー法、オギノ式などいくつか種類があります。

長所リズム法はいわば、自分のからだに起こっている変化をもとに「危険日(妊娠しやすい日)」の予測を立てる避妊法です。

そのため道具やお金も必要なく、他の避妊法とは異なり副作用などのリスクもありません。

また目的は正反対ですが、逆に妊娠をしたい場合にもリズム法は有効です。
短所 リズム法は体調の変化などに左右されやすく、他の避妊法と比べると確実性は落ちてしまいます。

また生理周期が不安定な場合には危険日を予測することも難しいでしょう。

そのためリズム法は他の避妊法をおこなう際の補助として用いる方法として考えるべきです。


▲PAGE TOP▲

▲PAGE TOP▲