マーベロンは女性には嬉しい様々な効果が期待できる低用量ピルです。副作用や注意点など気になる情報も併せてご紹介します。

マーベロンとは

マーベロン

「マーベロン」とは国内で2005年から販売がスタートした低用量ピルです。

マーベロンを正しく服用するとほぼ確実に避妊することができます!

望まない妊娠は絶対避けたい…というのが誰しも本音ですよね。

そこでマーベロンは相手の男性に依存せず、自分の意思で"避妊すること"を選ぶことができる避妊薬なんです!

さらに避妊効果だけじゃなく、ニキビや生理前のイライラを改善、さらにがんを予防するなどの効果も…!

ここからは女性には嬉しいメリットがたくさんあるマーベロンについて、さらに詳しく解説します!

マーベロンの効果

マーベロンにはまず、避妊効果があります!

…と言っても避妊薬なんだから当たり前ですよね。

ただこの避妊効果がとても高くて、マーベロンを製造した製薬会社「MSD」によると驚きの99.9%の避妊率!!

ではなぜ避妊ができるかというと、マーベロンなどの低用量ピルというのは「女性ホルモン」が含まれた薬のことなんです。

ざっくり言うと、女性ホルモンを補充することで脳が"妊娠している"と錯覚してしまい体内の環境が妊娠を避けるように変化、その結果避妊効果が生まれる訳です。

人のからだって不思議ですよね!

そしてマーベロンには避妊効果以外にも、女性には嬉しい副効果をまだまだ期待できる低用量ピルなんです!

マーベロンの詳しい効果はこちら

マーベロンの副作用

薬にとって付き物なのが副作用。

巷では「ピル=副作用が多い」なんて声が挙がることもあります。

ここで思い出してほしいのは、マーベロンが"低用量ピル"であるということ。

低用量ピルというのは副作用を抑えるために成分の量を減らした安全性の高い避妊薬ということです!

なので「ピルは危ない」というイメージは全くのデタラメで、マーベロンを服用しても副作用が必ず起こるということはありません。

しかし副作用がゼロということではなく吐き気や頭痛が起こったり、ごくまれに重い副作用を引き起こしてしまうことも…!

服用を始める前にどんな副作用があるのか必ずチェックしましょう!

マーベロンの副作用はこちら

マーベロンの値段と購入方法

マーベロンがどんなに良い薬だとしても気になるのはお値段!
マーベロンを使ってみたいけど、毎月買うなんて高額になりそう…
いいえ。それは違うんです。

もちろん、毎月病院で処方してもらうと少し割高になってしまいますが 海外通販なら出費も時間も抑えることができちゃいます!

病院処方と通販購入どっちがいいの??
それぞれのメリット・デメリットを詳しくご紹介します!

マーベロンの値段と購入方法

マーベロンと生理

楽しみにしていた女子旅やビーチパーティーの時に限って生理に…。
「なんで今日生理になっちゃうの!?」
誰もが思ったことがありますよね

生理日が調節できたら~って思うことも多いかと思います。 マーベロンなら、生理日の調節もできるの知っていましたか?
コツさえつかめば以外と簡単に調節できるかも…!
生理日を調節する方法を紹介していきます!

マーベロンと生理

マーベロンと質問

マーベロンを使うときに気になる点をまとめています。
効果が出るのはいつ頃?生理が来ない時はどうするべき?

アフターピルとしても使えるのかな? ここでは、ちょっとした疑問や質問を紹介していきます。
コツさえつかめば以外と簡単に調節できるかも…! 生理日を調節する方法を紹介していきます!
使うなら疑問点を少しでも減らして安心して使いたいものですよね!

マーベロンと質問

マーベロン以外の避妊方法

マーベロンを使うときに気になる点をまとめています。
マーベロンを飲みはじめたばかりの方や、飲み忘れた時には違う避妊方法が必要です。
避妊方法って、コンドームやマーベロンのような低用量ピルだけじゃないんですよ!

え、じゃあどんな避妊方法があるんだろう。 意外と避妊の方法は多いんです。
ここでは、マーベロン以外の避妊方法について紹介していきます。

マーベロン以外の避妊方法

マーベロンの注意点

マーベロンを服用する際に、最も注意するべきなのが重い副作用の「血栓症」です。

そのリスクは年齢(35歳以上)や喫煙量(1日15本以上)により高まるので35歳以上の方がマーベロンを服用する時は必ず禁煙をしましょう。

血栓症は時に、命を落とすこともある病気です!

また乳がんや子宮頸がんのリスクが高まるとの報告もあるため、マーベロンの服用中は次のような定期検診が必要です。

6ヶ月毎血圧測定や乳房・腹部の検査など
1年毎 子宮頸がん検査など

これらの検査は、血栓症やがんを早期発見するためにも重要です。

その他、服用中に異常を感じた場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう!

マーベロンの飲み方

低用量ピルは正しく服用することでほぼ確実に避妊ができて、他にも色々なメリットが期待できる薬です。

でもその効果は"正しい飲み方"を守ってこそ生まれるものです。

例えば飲み忘れたりすると避妊率が下がってしまうこともあります。

またマーベロンには「マーベロン21(21錠入り)」と「マーベロン28(28錠入り)」の2種類があります。

どちらも効果は同じですが飲み方だけはそれぞれ違います!

正しい飲み方を確認してから服用を始めましょう!

マーベロンの飲み方はこちら

マーベロンを飲み忘れた際の対処法

マーベロンなどの低用量ピルは毎日同じ時間に服用を続けることで効果を発揮します。

服用の際は飲み忘れないようにすることが大切です。

万が一飲み忘れてしまった場合"飲み忘れたことにいつ気付いたのか"によって対処法が異なります。

マーベロンを飲み忘れたことを24時間以内に気付いた場合、飲み忘れた分をすぐに服用します。

またその日に服用する分の錠剤も、いつも通りの時間に服用してください。

ただし飲み忘れたことにより避妊効果が落ちてしまう可能性もあるので、その周期はコンドームなど別の避妊法を併用するとよいでしょう。

もしもマーベロンを2日以上続けて飲み忘れてしまった場合は避妊効果は期待できなくなってしまいます。

その時は服用をいったん中止し、次の生理を待ってから服用を再開しましょう。

なお服用を再開する時はまた新しいシートの1錠目から服用を始めると、もう一度避妊効果が発揮されるようになります。

マーベロンの口コミ・体験談

マーベロンは避妊効果だけでなくニキビの改善、生理周期の安定など女性には嬉しい様々な効果が期待できます。

しかし日本では馴染みがないということも事実。

副作用が多いというイメージも根強いし、実際に飲むとしたら不安になってしまいますよね。

そんな不安を取り除くために実際にマーベロンを服用している方の口コミを集めました。

マーベロンを服用してみようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!

マーベロンの口コミはこちら

マーベロンを使って正しく避妊!

2013年の日本において、次のようなデータがあります。

年間出生数 : 約103万人

中絶件数 : 約19万人

年間出生数はその年に生まれた赤ちゃんの数を、中絶件数は堕ろした胎児の数を表します。

こうして見ると、5人に1人の赤ちゃんが中絶して堕ろされているんですよね。

といっても子供を育てるということは経済的な理由もありますし、とても難しいことです。

中絶という選択を責めることは誰にもできません。

ですが中絶手術を受ける際には少なからずリスクも伴いますし、何より精神的な負担も大きいことでしょう。

なので望まない妊娠を避けるには男性に任せるのではなく、女性側が自ら避妊をすることが大切になります。

マーベロンはこれまで説明した通り、非常に高い避妊効果を持つ低用量ピルです。

しかもコンドームなどとは違って女性が主体で取り組むことができます。

以前まではマーベロンのような低用量ピルを手に入れるには病院処方のみで、病院に行くとなるとお金や時間もかかってしまうということもありました。

でも今では個人輸入のサービスなども発達し、毎日の家事や仕事に忙しい場合でも簡単にマーベロンを購入して、個人で服用を始めることも可能になっています。

つまり、マーベロンの服用を始めるためのハードルは大きく下がっているのです。

パートナーや将来生まれてくる子供、そして何より自分自身を大切にするためにも、マーベロンを服用して正しく避妊をしましょう!

▲PAGE TOP▲

▲PAGE TOP▲